口永良部島の海岸線

島の行事

はいこんにちは!きむだよー!!

今日は口永良部島の海岸清掃。漂着ゴミをみんなで拾ってきました。よくもまぁーこんだけのゴミが流れ着くものだと今年もビックリです。

ゴミの種類は木片、ペットボトル、スリッパ、漁具、などで、主にプラスチック類です。木片なんかはほっとけば自然に帰るけど、プラスチック類は半永久的に残りますよね。

こうしてゴミを拾っていると、便利なプラスチックも嫌いになっちゃいますよね。でも、絶対生活には必要で僕は一生使い続けるだろう。

ゴミを回収していると、意外と歯ブラシ、スプーン、ストロー、ペットボトルのキャップが多いと感じました。タピオカ用のストローを見つけた時は笑った!黙々と作業する中でゴミの種類や生産、消費地などが分かったりすると楽しいです。

今回ゴミ拾いをした場所は、島の北側に位置する西の浜と呼ばれる海岸で、口永良部島では珍しく白い砂浜が見られ、昔はウミガメが産卵に来たり、学校の水泳も行われていました。

こういったゴミがなくなればウミガメが帰って来るのかな?

約半日、島民の半数くらいの参加でかなり綺麗になりました。毎年やっているんですけど、3年前に比べるとめちゃくちゃ綺麗になっています。来年も頑張ろう!そして僕はゴミは捨てません。

最後はビフォアフターでお別れしましょう!ではバイバイ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました