梅雨時期のお楽しみ

島の行事

はいこんにちは。きむです!梅雨ですね〜じめっとしていますね。口永良部島はカエルやセミが元気よく鳴きはじめました。賑やかになってきましたよー。

口永良部島の行事の一つで奉納祭ってのがあり、男性は「棒踊り」女性は「日の本踊り」ってのを山の神様でしょうか?山に向かって踊る訳です。これは鹿児島では結構メジャーな踊りらしくて、各地域で変化しながらも今でも各集落で踊られています。さて、どんな踊りかというと・・・

六尺棒と三尺棒で激しく打ち合う踊りです。なぎなたと刀ですね。薩摩藩の武芸の稽古からとか・・・薩摩と朝鮮半島の戦いの後、帰国祝いで始まったとか・・・何とか・・・

この踊りは歌もあるんです。歌詞は・・・「サヤアマーアーアーヘンエーエーヤーレーオセロガヤマハ ハハハーハ・・・」みたいな歌詞で内容がわかりません。謎だ。

本来は大人と中学生の12名で踊るんですが、今年は留学生も多いので小学生も練習に参加しています。鬼滅の刃の影響もあるんでしょうか?木刀で打ち合っている子供たちは楽しそうですね。訳のわからん歌も歌いながらみんなで楽しんでます。

奉納祭は7月なんですが、踊りが難しいって事もあって5月半ばからやってます。まぁ練習が終わった後のビールが楽しみってのもありますよねー。地べたに座って漁師さんが持ってきてくれたお魚なんかで一杯やるわけです。笹団子とかもありましたー。

この時期は飛び魚やキハダマグロがよく獲れるので、おつまみに登場することも多いですよね。特に釣りたてのマグロはプリプリしてて、スーパーで売っているものとは全然違いますね。飛び魚は塩ゆがきで食べられることが多いですが、僕は塩焼きが好きかなー。旨味もかなりあるので美味しい魚だと思います。

そうそう!梅雨時期のイベント?ではシロアリの大量発生ってのもあります。湿度が高く穏やかな日の夜、8時頃に申し合わせたかのように一斉に発生するんですよねー。シロアリは光に集まる習性があるので、どの家も灯りを消してひっそりと過ごしたり、外出してやり過ごします。

頑張って対策しても部屋の中に入って来るので、虫が苦手な人は発狂しています。笑  僕はイベントの一つとしてシロアリのフライトを楽しんでますけどね。

家の修理は壁が少しずつ出来てきましたよ!このまま継続するだけです。コロナの影響で木材の値段が爆上がりしてるのが悔しいですけど・・・仕方ないですね。それじゃあ今日はこのへんでバイバイ!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました